スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年11月30日(Wed)

インフルエンザ予防接種

カテゴリー:ち。―独り言記事編集

今日、インフルエンザ予防接種を受けました。

インフルエンザ注射してからは風邪あまりひかなくなったよ、予防接種を受けたほうがいいよ!
と、友人からすすめられて2年前から毎年受けるようにしてる。

風邪引きやすい体質だから、毎年のように風邪で4日間も臥せったりしてたが、2年前から4日間も臥せるような大きな風邪はひかなくなった。

驚き! これはいい!

新型インフルエンザにも効くのかどうか分からないけど、受けないよりは安心できるし。この冬もインフルエンザにかからないように、油断せず気をつけよう。うん。
スポンサーサイト
 
│posted at 12:42:23│ コメント 0件トラックバック 0件
2005年11月14日(Mon)

なんで冷房を?

カテゴリー:ち。―不可解!?記事編集

この間の土日は、秋期スクを受けてきました。

土曜日、朝から寒かったのに、なんで冷房をつけるんだよ?

同じ受講生が、やはり寒くて講師に「寒い!!」と文句言ったら、
講師は冷房を下げてくれと、事務局の職員に話してくれたが、

・・・逆に冷房が強くなった。

そのせいで風邪引いてしまったじゃないか!!
アホ職員のバカヤロウ!!!
 
│posted at 16:57:51│ コメント 1件トラックバック 0件
2005年11月10日(Thu)

印象に残った『教育心理学』

カテゴリー:ち。―通信教育記事編集

※心理学と同じく2ヶ月半遅れの・・・夏期スク感想だす。汗

夏期スクで特に印象に残ったのが、『教育心理学』。2~4人グループにし、一斉指導のメリットや問題点は何か、などをグループ内で話し合う方式で講義を進めていたからだ。

教育心理学では、『学ぶこと』の定義は『人として成長していけること』だそうな。
知識を蓄積するだけでなく、実社会に応用することも大事なんだってことは、誰もが分かっていることだと思う。だが、実際はどうか? 応用できているかどうか? やはり否だろうな。

日本では、現在も伝統的な『一斉指導』という授業方式が行われている。実は、これが頭に残らない要因の一つだとか。教師による一方的な授業・講義では、実に5%しか頭に残ることができない。頭に残るには、読みで10%、視聴覚教材で20%、デモンストレーションで30%、グループディスカッションで50%、模擬練習で75%、実践で95%残ることができるという。なるほど!

デモを取り入れた講義を受けたのは、これが初めて。
夏期スクでは、特に教育心理学が一番頭に残っているから、レポート提出が一番早くできた。(O教授の訳分からん哲学は、、、5%以下しか残ってないのも納得!)

教育心理学の講義を4日間受講して思ったことは、龍の子学園で取り組んでいる教育は、教育心理学で学んだ事とほぼ一致している。

龍の子学園の職員は皆若い(全員20代~30代前半!!!)のに、実に有効的な教育法を取り入れている彼らに、彼女らに敬服と尊敬を感じますわ。

龍の子学園に通っている、ろう児は本当に幸せなんだな、って、つくづく思う。ち。も35年位遅く生まれて龍の子学園に通いたかったよ。。。笑!! 
スレッドテーマ:勉強日記 ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 13:59:07│ コメント 0件トラックバック 0件
2005年11月04日(Fri)

どうして通信教育を始めたのか?

カテゴリー:ち。―通信教育記事編集

ボランティアで龍の子学園のスタッフ活動をしていくうちに、実践だけでは教育とは何たるかを充分に知ることはできない。実践だけでも経験になるが、やはり知識も必要だと痛感するようになった。

ろう児を龍の子学園に預ける親の信頼(口話法の聾学校よりバイリンガルろう教育を実施している龍の子学園を選んでいるのは、ひとえにバイリンガルろう教育を信頼しているからだ)に対し、責任感があるスタッフでなくてはいけないと思った。

なぜ口話法ではダメなのか、バイリンガルろう教育に効果があるのは何故なのか、を説明するのに実践と経験だけでは相手に伝わらない時があるから。

教育に対する知識と実践を持ち合わせて初めて責任感のあるスタッフとして認めてくれるだろうし、自分の中で確たる信念を持ち続けることは重要だから知識も役に立つと思った。

働きながらも大学の通信教育で教育の勉強をしている友人がいて、ち。も教育の勉強がしたい!と相談すると、創価大学の通信教育部について説明してくれた。ち。は創価学会のメンバーではないが、メンバーでなくても入れると知り、早速、通信教育を始めたのが去年。

通信教育にはレポート提出とスクーリング(通信教育の一つの過程として、受講生を一定期間学校に集めて行う面接授業=電子辞典「広辞苑」より)がある。
スクーリングもレポートも試験がある。合格すると単位がもらえる。
卒業に必要な単位は125単位。これは4年制大学と同等の単位である。

聾学校の授業はかなり遅れているのが現状で、ち。の学力は中学程度でしかない。

大学レベルの教科書が届いた日は、あまりの難しさに教科書を目の届かないところにしまおうとしたが、思いとどまったのは

龍の子学園に通う、ろう児の笑顔を思い出したからだ。

それに、聾学校では充分に勉強した実感がないから、スクーリングに参加すると、
聾学校在中では一度も味わえなかった、『本当に勉強しているんだ!』と喜びを感じる。それが継続するための大きな力になってるね、うん。

だが、スクーリングの課程が全部終わり、レポートだけの勉強になる日が来る。
それからが、いばらの道になるだろう。

スクーリングの方が理解しやすいからだ。スクーリングなしのレポート提出は、はっきりいって自信がない。。。中学程度の学力しかないのに、教科書は大学レベルだからよ。

現在、取得した単位はわずか13単位。ゴール(125単位)は遥か遠い道のりに思えてしまう。
本当に卒業できるのかどうか分からないが、出来るところまで頑張っていこうと思う。

ろう児の人権が与えてくれる未来のために。ただ、それだけ。
スレッドテーマ:勉強日記 ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 13:26:44│ コメント 3件トラックバック 0件
2005年11月02日(Wed)

実家から成田までタクシー!?

カテゴリー:ち。―田舎記事編集

今日の昼に母からメールがあった。

『今、家を出ました。成田までタクシーです』

うちの親は、毎年1回、友人と海外旅行をエンジョイしてる。
その度に自宅から成田までタクシーをよく利用する。

うちの父は、今年の春から社長を降り、会長に就任したとはいえ、給与はそんなに高くないはず。。。
去年までは別に気に留めなかったが、やはり気になるのは料金。

『いくらなの?』

『一人11,000円だよ。安いしターミナルまでだから助かる』


えええーーー! 

びっくり!! 

バカ安い!!!


だって、実家から成田までは車だと6時間位かかるんだぞ。

imタクシーとゆー会社を利用しているという。便利な世の中になったもんだ。。。

オーストラリア、楽しんできてね♪

 
│posted at 16:51:25│ コメント 0件トラックバック 0件
2005年11月01日(Tue)

面白かった『心理学』

カテゴリー:ち。―通信教育記事編集

2ヵ月半遅れの夏期スク感想だす。汗。
ち。が一番興味ある分野で、わくわくしてたものだ。実に興味深かった。

ゲシュタルト心理学、性格診断法、マズローの基本的欲求、パーソナルスペース、フロイトの人格分析、交流分析理論などなど。面白くて、面白くて!!!! 

一緒に受講したNくんて、天才やわ。。。
時々居眠りしてたのに、全然分からなくて混乱してたち。に、さらりと説明した。説明の仕方が、とっても上手でさ、一発で理解できたもんよ。眠っていても余裕あるNくんて、凄い。羨ましい~!!!!

心理テストみたいなのもやって、ち。の性格は『人間的にいいが、うつ病になりやすい』とな。
やばいっす、、、これはヤバい。たまには羽目を外さなきゃ。笑
スレッドテーマ:勉強日記 ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 13:48:18│ コメント 5件トラックバック 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。