スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年11月10日(Thu)

印象に残った『教育心理学』

カテゴリー:ち。―通信教育記事編集

※心理学と同じく2ヶ月半遅れの・・・夏期スク感想だす。汗

夏期スクで特に印象に残ったのが、『教育心理学』。2~4人グループにし、一斉指導のメリットや問題点は何か、などをグループ内で話し合う方式で講義を進めていたからだ。

教育心理学では、『学ぶこと』の定義は『人として成長していけること』だそうな。
知識を蓄積するだけでなく、実社会に応用することも大事なんだってことは、誰もが分かっていることだと思う。だが、実際はどうか? 応用できているかどうか? やはり否だろうな。

日本では、現在も伝統的な『一斉指導』という授業方式が行われている。実は、これが頭に残らない要因の一つだとか。教師による一方的な授業・講義では、実に5%しか頭に残ることができない。頭に残るには、読みで10%、視聴覚教材で20%、デモンストレーションで30%、グループディスカッションで50%、模擬練習で75%、実践で95%残ることができるという。なるほど!

デモを取り入れた講義を受けたのは、これが初めて。
夏期スクでは、特に教育心理学が一番頭に残っているから、レポート提出が一番早くできた。(O教授の訳分からん哲学は、、、5%以下しか残ってないのも納得!)

教育心理学の講義を4日間受講して思ったことは、龍の子学園で取り組んでいる教育は、教育心理学で学んだ事とほぼ一致している。

龍の子学園の職員は皆若い(全員20代~30代前半!!!)のに、実に有効的な教育法を取り入れている彼らに、彼女らに敬服と尊敬を感じますわ。

龍の子学園に通っている、ろう児は本当に幸せなんだな、って、つくづく思う。ち。も35年位遅く生まれて龍の子学園に通いたかったよ。。。笑!! 
スポンサーサイト
スレッドテーマ:勉強日記 ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 13:59:07│ コメント 0件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。